SM嬢は数多くの風俗の中でもお給料が良いことで知られています。

デリヘルなどのヘルスに比べて求められるプレイ内容の種類も多く、ハードな内容のものもあります。

お店によって必要になるプレイは変わりますが、基本的にはテクニックが求められるお仕事です。

テクニックを求められると言うと、やはりハードルが高い世界だと思う方が多いでしょう。

ただしどんな世界でも誰でもはじめは初心者、未経験者です。

大阪のSMクラブでは新人のSM嬢を募集しているお店も多いです。

SM嬢は今や気軽にお仕事帰りや学校の帰りにアルバイトすることができる時代ですが、他のヘルスに比べて覚えることが多いということは覚えておきましょう。

そのためSM嬢になるためにはSMの好き嫌い以上に、プレイテクニックを身に着ける気持ちの有無が大切になると言えます。

S嬢が向いている女性

  • 責めるのが苦ではない
  • 上から目線で接客が苦ではない
  • 主導権を握るプレイが好き

S嬢とは男性客を責めるプレイをする女性のことです。

お店によって女王様などと呼ばれることがあります。

責められることがないため自分自身の体の負担は少ないですが、プレイの主導権を握る必要があるため、よりテクニックが重視されます。

初心者を歓迎しているSMクラブではS嬢のプレイについてマニュアル本やDVDなどで講習を行っていることが多いです。

またおもちゃやダッチワイフなどを利用して実際のプレイ練習をすることもあります。

S嬢として働く際の注意点

S嬢はフリー指名が入りにくいお仕事だと言われています。

他のヘルスやM嬢はフリー指名であることも多いですが、S嬢の場合はフリー指名はほとんどありません。

そのためテクニックによって男性客の心を掴む必要があります。反対にプレイ内容に人気が出ると固定客が尽きやすく稼ぎやすいです。

M嬢が向いている女性

  • 責められるのが苦ではない
  • 命令口調や罵声が苦ではない
  • 主導権を握られるプレイが好き

M嬢とは男性客から責められるプレイをする女性です。

お店によって奴隷などと呼ばれることがあります。プレイの主導権は男性客にありますので、演技力が重視されます。

初心者を歓迎しているSMクラブではS嬢同様にM嬢のプレイについてマニュアル本やDVDなどで講習を行っていることが多いです。

またおもちゃやダッチワイフなどを利用して実際のプレイ練習をすることもあります。

M嬢として働く際の注意点

M嬢は男性から責められるお仕事ですので、S嬢に比べてやや高めのお給料設定になっています。

責められるということはそれだけ体力を使うお仕事です。

怖い、痛い、苦しいを演技で表現することを意識することによって体の負担を減らす努力を行う必要があります。

SMクラブはハードなプレイ内容を求められることが多いですが、自分自身でNGを設けることができることがほとんどです。

ソフトSMクラブなどSMクラブでもお仕事内容に差がありますので、自分に合ったお店を選びがっつり稼ぎましょう。

テーマ: