風俗業界はクリーンな業界を目指しています。

しかしどの業界にも言えることですが、100%クリーンなお店ばかりとは言い難い現実があります。

ここでは風俗求人のダミー店について説明してましょう。

風俗店のダミー店って何?

風俗求人で見られるダミー店とは、実際には存在しないお店のことを意味しています。

他の風俗店と比較してより良い条件で求人を募集し、実際に面接に向かうと「お店で働く条件を満たしていない」ことなどを理由に、募集していた求人内容と異なる条件で、他店を紹介されてしまいます。

より安く女性を働かせる目的で行われることが多いです。

風俗店のダミー店の危険性とは?

ダミー店はより女性を安く働かせる目的で行われることが多いです。

そのためダミー店では業界の基準から言っても安いバック率が設定されていたりノルマがあったり、自由出勤ではないお店であることが多いです。

こうしたダミー店の中には風営法の営業許可を取得していないお店もある可能性がありますので、女性の働きやすさが蔑ろにされてしまっているケースが目立ちます。

ダミー店は特にデリヘルに多いです。

デリヘルは事務所の記載がないため、住所や事務所外観で求人募集されていた風俗店ではないことに気が付きにくいためです。

好待遇の風俗面接に行って別の店を紹介されてしまうと、「面接に落ちた」という劣等感を覚えてしまいます。

また「善意で別の店を紹介してくれる」ように見えるため、悪い印象を抱かず、良い風俗店であると誤解したまま希望する条件ではないお店で働くことになる可能性があります。

とくに「出稼ぎ風俗」で他県から大阪に訪れる場合には注意が必要です。

近場の女性であれば希望の条件に合わない場合にはすぐに次を探しやすいですが、「出稼ぎ風俗」では限られた時間で働く場所を見つけたい思いが強くなり、悪い条件であっても働くことを選択してしまいがちです。

ダミー店を見抜くためには?

風俗店のダミー店を見抜くためには2つのポイントがあります。

  • 公式HPの確認
  • 男性客の利用口コミ検索

ダミー店はお店の公式HPを持っていないことが多いです。

「会員制だから」「ホテヘルだから」と説明が行われるかもしれません。

しかしながら現在、風営法の許可を得た風俗店であれば、公式HPが存在しないことはほとんどあり得ません。

公式HPが存在しないお店には注意しましょう。

公式HPが存在していても、それだけで安心だと言えるわけではありません。

公式HPもダミーである可能性があるためです。

風俗店名+口コミにてお店を利用している男性客の口コミがあるか確認しましょう。

書き込みの書き込まれた時期などお店が本当に営業されているかチェックすると安心です。