今も昔も、女性が高収入バイトとして選ぶものには「風俗」の選択肢があります。しかし現在では、一口に「風俗」と言っても、その種類はさまざま。

それに伴って、仕事内容も違えば得られる収入も当然変わってきます。細分化されすぎていて、一体どの風俗を選ぶべきなのか、迷ってしまう女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、女性が稼げる風俗のジャンルをご紹介します。

=>【風俗以外】女性の高収入バイト3選|効率的に稼ぎたいならコレ!

もっとも稼げるのはソープランド!その代わり……

デリヘル、イメクラ、ソープ、オナクラ、SMクラブ、ピンサロ……。

ちょっと考えただけでもこれだけの種類がある風俗。

しかもそれぞれのお店で「〇〇専門」など、ジャンルが細分化していることを考えれば、まさに「何でもあり」の状態とも言えます。

結論から言ってしまえば、風俗で一番稼げるのは「ソープランド」でしょう。

ソープランドは、唯一「本番セックス」が事実上許される風俗

お店のランクにもよりますが、時給換算して10,000円から30,000円、日給だと40,000円から100,000円とも言われています。売れっ子のソープ嬢ならば、月に100万以上稼ぐのも難しくないのです。
また、風営法を遵守してお店を運営しているかぎり摘発されない安全な働き方です。
意外とライトに見えるメンズエステなどは、風俗店に比べて摘発の可能性があまりにも高いですので正直おススメできないのが現実です。

しかしソープランドで働くのは、稼げるだけにハードです。

自分の身体でお客の身体を洗う「ボディ洗い」や、エアマットの上でローションを使ってお客を刺激する「マットプレイ」、他にも「スケベイス」のようなアイテムや「潜望鏡」と呼ばれるテクニックなど、ソープランドならではの数多くのプレイを身に付けなければなりません。

またソープランドは基本的に、1人のお客に対する接客時間が90分から120分近くと他の風俗に比べると長時間です。

その間、ずっとプレイのために動き続けなければならないこともあるので、体力も必要になります。

どんな男とでもセックスできるか?そこがソープで働けるかの鍵

先に述べたように、ソープランドは事実上「本番可能な風俗」です。

お客はもちろん、本番を目的として来ています。どんなに苦手なタイプでも、お客である以上、本番をしなければなりません。

ソープランドで働けるかどうかは、それが大丈夫かどうかが一番のポイントになります。もし耐えられそうになければ、ソープランドで働くのは諦めた方が良いでしょう。

実際にソープ嬢は、それが原因で精神的に病んでしまう人も多いと言われています。ただし逆に言えば、それが平気ならば、高収入を得られるチャンスになります。

「我こそは!」という女性は、ぜひソープランドで高収入を狙ってみてはいかがでしょうか。

=>違法じゃない闇バイトで高収入をゲット!気軽にできるものもある